遺言書は3種類!それぞれの特徴やメリット・デメリットを行政書士が解説

記事更新日:

「異説・花咲かじいさんに学ぶ!」(前編)遺言書と遺言執行手続ってどんなもの?

遺言書は故人の遺志を伝える大切なものです。誰しもが遺言書に関わることがありますが、

難しい法律用語が多くて苦手意識を持っている方もいるかもしれません。

 

そこでこの記事では、3種類の遺言書の特徴やメリット・デメリットを童話「花咲かじいさん」の登場人物を交えて、行政書士が分かりやすく解説します。

 

むかしむかし、あるところにおじいさんとおばあさんが住んでいました。

 

正直者で人がいいおじいさんとおばあさんでしたが、子供はおらず、飼い犬のシロをたいそうかわいがって暮らしていました。

 

隣の家にも、おじいさんとおばあさんが住んでいました。隣のおじいさんとおばあさんは、欲ばりで人の不幸を願ってばかりいて、シロをいつもいじめていました。

 

おじいさんは、いつものように畑に行き、いつもと変わらず一生懸命働いていました。

 

すると、ついてきたシロが畑の隅に行き、「ここ掘れわんわん」となきました。

 

おじいさんが鍬を入れてみると、どういうわけか、ざくざく小判が出てくるではありませんか。

 

おじいさんとおばあさん、そしてシロは、あっという間に大金持ちになったのでした。

 

隣の欲張りおじいさんとおばあさんは、その様子を見て、ひどくやっかみました。

 

「あの犬をちょっとばかり痛めつけて、わしらも小判を掘り当てるんじゃ。なあに、小判が出てくるまで、きつくとっちめてやるだけさ」

 

ある日、おじいさんが畑仕事に行こうと家の外に出ると、霧のようなものがふわりとおじいさんとおばあさん、そしてシロを包み込みました。

 

霧が晴れると、不思議なことに、隣の家がなくなっているではありませんか。欲張りでいじわるなおじいさんたちの姿も、きれいさっぱりなくなっていたのです。

 

「こりゃ不思議なこともあるもんだ。隣のうちは、いつもシロをいじめていたから、神様が助けてくれたのかのう? よかったな、シロや」

 

「わんわ…そうだね、おじいちゃん」

「おじ…シロ、お前、ことばを話せるようになったのかい?」

 

なんとびっくり。シロが人間になっていたのです。

 

「おじいちゃん、おばあちゃん、これからはしっかり孝行するよ」

 

それから、おじいさんとおばあさんは、息子となったシロを大切に育て、十年後、シロに見守られながら天国にいきました。

 

しばらくして、シロが畑の前で考え込んでいました。

 

「財産があるんだから、畑じゃなくてビルでも建てたほうが儲かるんじゃないかな」

 

そんなことをぼんやり考えていると、ふと、十年前に小判を掘り当てた場所が気になり始めました。

 

「へんだな、いつもは気にならないのに…」

 

気になる場所を掘ってみると、古びた箱が出てきて、その中から1枚の紙が出てきたのです。

 

「遺言書って書いてある…これ、なんだろう?」

 

シロは自分が手にしているのが遺言書だとはわからなかったのです。そこで、シロは村長さんのところに行き、遺言書について教えてもらうことにしました。

遺言のご相談
LINE導線
お問い合わせフォーム
受付時間:平日9:00-21:00 (土日祝予約制)

資料請求

そもそも遺言書とはどんなもの?

シロ「村長さん、実はおじいさんが残した遺言書というのが見つかったんです。遺言書って聞いたことがないんですけど、どういうものなんですか?」

 

村長「おお、あの小判を掘り当てたおじいさんが遺言書を残しておったのか…。うむ、遺言書とはな、おじいさんが最後の意思をつづった書面のことじゃ」

 

シロ「サンゴの石? 硬くてまずそうですね」

 

村長「…そうじゃない。ほら、ここを見なさい。おじいさんがな、自分の財産をシロに相続させると書いてあるじゃろ? こういう書面で残しておけば、おじいさんの意思を汲んで、ちゃんとシロに財産が残るようになるんじゃ」

 

シロ「遺言書が書かれていなかったらどうなるの?」

 

村長「シロは兄弟がいないが、兄弟姉妹がいる場合は、誰が財産を継ぐかでけんかになったりするんじゃ」

 

シロ「いなくなった欲張りおじいさんたちみたいだ」

遺言書には3種類ある

村長「さて、この遺言書は、自筆証書遺言じゃのう。おじいさんが自分で書いているからな」

 

シロ「遺言にもいろいろあるんですか?」

 

村長「うむ、よい質問じゃ。全部自分で書く自筆証書遺言と、公証人という人たちに書いてほしい内容を伝えて代わりに書いてもらう公正証書遺言というのがある」

 

シロ「不思議だなあ。なんで自分のことなのに他の人に書いてもらったりするんだろう?」

 

村長「もしシロが病気で手が不自由になっていたら、自分では書けないじゃろ?」

 

シロ「シッポで書きます」

合わせて読みたい>>自筆証書遺言とは?5つの要件やメリット・デメリットを行政書士が分かりやすく解説!

自筆証書遺言とは?5つの要件やメリット・デメリットを行政書士が分かりやすく解説!

合わせて読みたい>>公正証書遺言とは?要件や注意点・メリット・デメリットを行政書士が分かりやすく解説!

公正証書遺言とは?要件や注意点・メリット・デメリットを行政書士が分かりやすく解説!

村長「…もうシッポないがな。あと、秘密証書遺言というのもあるな。これは遺言の内容を秘密にしつつ、遺言書があるということだけ公証人に記録してもらう方法じゃ」

 

シロ「さっきから公証人という人が出てきますけど、どんな人なんですか?」

 

村長「公証人というのはな、要するに遺言のプロじゃ。だから公証人に任せておけば、遺言が無効になるようなことはないし、公証役場で遺言書を保管してくれるから、無くしたり盗まれたりすることもないんじゃな」

合わせて読みたい>>公正証書遺言の公証人とは?スムーズに公正証書遺言を作る方法を行政書士が解説

公正証書遺言の公証人とは?スムーズに公正証書遺言を作る方法を行政書士が解説

 

3種類の遺言書のメリット・デメリット

シロ「遺言のプロが作ってくれるのだったら、公正証書遺言が一番じゃないですか」

 

村長「確かに公正証書遺言が最も間違いがないものにはなるじゃろうが、まあ、そこは目的にもよるので、一概には言えんのう」

 

村長「自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言には、それぞれいいところもそうでないところもあるんじゃ。ここからは、3種類の遺言書のメリット・デメリットを紹介してやろう

 

シロ「あの…メリットとデメリットって外来語、世界観、崩しませんか?」

 

村長「…そこには触れるな。大人になりなさい、シロや…」

自筆証書遺言のメリット

  • 他の方式の遺言に比べて作成が簡単
  • 遺言の内容や存在を秘密にしやすい
  • 費用がかからず、証人の立会いがいらない

合わせて読みたい>>自筆証書遺言書の正しい書き方|失敗例から注意点を学ぼう! 

自筆証書遺言書の正しい書き方|失敗例から注意点を学ぼう!

自筆証書遺言のデメリット

・方式が厳格で、方式に沿わなければ無効になるおそれがある

・変造、偽造、隠匿、紛失のおそれがある(自筆証書遺言の保管制度を利用している場合を除く)

・全文を自書することは、要しないが、それ以外の部分については、自書する必要がある(相続財産の全部または一部の目録を添付する場合を除く)。

・遺言書保管所に保管されていない自筆証書遺言については、家庭裁判所で検認手続きを経る必要があり、遺言を執行するまでに、時間がかかりやすい

合わせて読みたい>>自筆証書遺言の保管方法を行政書士が解説!

自筆証書遺言の保管方法を行政書士が解説!

合わせて読みたい>>自筆証書遺言のデメリットとは?行政書士が解説する4つのポイントに注目! 

自筆証書遺言のデメリットとは?行政書士が解説する4つのポイントに注目!

公正証書遺言のメリット

  • 公証人に相談でき、遺言内容の確認を受けられる
  • 原本が公証役場に保管されているため変造のおそれがない
  • 家庭裁判所での検認の手続きが不要
  • 自書できない者も作成が可能、署名できなくても作成できる

合わせて読みたい>>公正証書遺言は自分で作れる!実際の作成方法や流れを行政書士事務所が解説

公正証書遺言は自分で作れる!実際の作成方法や流れを行政書士事務所が解説

公正証書遺言のデメリット

  • 費用がかかる
  • 証人二人以上の立会が必要であり、遺言を秘密にできない

合わせて読みたい>>公正証書遺言の作成費用はどのくらい?行政書士が具体例を解説!

公正証書遺言の作成費用はどのくらい?行政書士が具体例を解説!

秘密証書遺言のメリット

  • 遺言書全文は自書する必要がなく、ワープロ等で作成してもよいし、他人による代筆でもよい
  • 遺言の内容を秘密にできる
  • 遺言の変造、偽造を防ぐことができる

秘密証書遺言のデメリット

  • 方式が複雑で、方式の不備により、遺言が無効になるおそれがある
  • 隠匿、紛失のおそれがある
  • 家庭裁判所での検認の手続きを経る必要があり、遺言を執行するまでに時間がかかりやすい
  • 秘密証書作成の公証人手数料1万1000円がかかる

遺言執行をする遺言執行者

 シロ「そっかあ、意思をちゃんと残すために、遺言にはいろいろ決められてるわけなんですね」

 

村長「そうじゃ。そして遺言を正しく執行するための制度を遺言執行制度といって、そのために選ばれた遺言執行者という人がおるんじゃ」

 

シロ「遺言執行者って、なんだかかっこいい響きだな」

 

村長「遺言の実現自体は、相続人が行うべきなんじゃ。今回のおじいさんの例でいえば、シロ、お前が相続人になる」

 

シロ「相続人より、遺言執行者のほうがかっこいいから、そっちでお願いします」

 

村長「…かっこいいとかの問題ではない。話を続けると、遺言の内容によっては、相続人間で利害が対立することがあるのはさっき言ったな?」

 

シロ「けんかになるかもしれないってことですね」

 

村長「だからこそ、遺言執行の目的のために、特に選ばれた人間が必要なんじゃ」

 

シロ「すごい、ぼくもなりたい! どうやったら遺言執行者に変身できるんですか? 変身ポーズとかあるんですか?」

 

村長「…畑はどうするんじゃ。そして、たぶんお前のイメージ、だいぶ違ってるぞ」

 合わせて読みたい>>遺言執行者としての手続きとは?遺言者が死亡したらやるべきこと

遺言執行者としての手続きとは?遺言者が死亡したらやるべきこと

村長「さて、ここからは肝心なお金の話じゃ。遺言執行をするためには、費用がかかる」

 

シロ「うちは大金持ちだから楽勝ですよ」

 

村長「…嫌われるぞ。遺言の執行に関する費用は、相続財産から負担するように決まっているんじゃ。具体的には、遺言書の検認費用、相続財産の管理費用などじゃな」

 

シロ「とりあえず、いろいろかかるということだけ、今日は覚えておけばいいですか?」

 

村長「そうじゃの。おじいさんの残した財産から支払われるから、シロが新たに何かお金を払わなくてはいけないことはないんじゃ」

 

シロ「そうかあ。遺言は、おじいさんが残してくれた大切なものだから、遺言書をもとに正しく手続きをしないといけないですね」

 

村長「ものわかりがいいの」

 

シロ「そういうことを具体的に相談したいときは、誰に相談すればいいんですか?」

 

村長「わしも今日くらいのことは教えてやれるが、もっと詳しくとなると行政書士がいいじゃろうな。相談してみるとよい」

 

シロ「はい、ありがとうございます。これでおじいさんとおばあさんも浮かんできますね」

 

村長「浮かばれる…な。浮かんで来たら、ただのどざえもんじゃからの…」

 

この記事を詳しく読みたい方はこちら:遺言書が見つかったら!遺言執行手続きとその流れについて解説

 
行政書士 長岡 真也
この記事の執筆・監修者:長岡 真也(行政書士)
神奈川県行政書士会所属(第12091446号)
遺言に関するお問い合わせ

初回相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。

ご相談はご来所のほか、Zoom等のオンラインでの相談も承っております。

お電話でのお問い合わせ

「遺言のホームページを見た」とお伝えください。

受付時間:平日9:00-21:00(土日祝予約制)
メールでのお問い合わせ

    初回相談は無料です。お気軽にご相談ください。

    お問い合わせ種別必須

    プライバシーポリシー

    長岡行政書士事務所(以下「当事務所」といいます)が運営する「横浜で遺言の遺言を専門家が支援」(以下「当サイト」といいます)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。なお、本プライバシーポリシーにご同意いただける場合にのみ当サイトをご利用くださるようお願いいたします。ご利用された方は、本プライバシーポリシーの条件にご同意いただいたものとして取り扱いさせていただきます。

    個人情報の管理

    当事務所は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・従業員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。

    個人情報の利用目的

    お客さまからお預かりした個人情報は、当事務所からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として電子メールや資料のご送付に利用いたします。利用目的は主に以下に定めるものに限ります。

    • 行政書士法に定められた業務及びそれに付帯する業務を行うため

    • 当サイトを通じたサービスの提供

    • 当サイトの品質向上とそれに基づくお客様の声の実施

    • その他、当事務所の業務の適切かつ円滑な遂行

    個人情報の第三者への開示・提供の禁止

    当事務所は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。

    1. お客さまの同意がある場合

    2. お客さまが希望されるサービスを行なうために当事務所業務を委託する業者に対して開示する場合

    3. 法令に基づき開示することが必要である場合

    個人情報の安全対策

    当事務所は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。また、当事務所は個人情報の取扱いに関し、従業員全員に対し適切な監督をします。

    ご本人の照会

    お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。

    法令、規範の遵守と見直し

    当事務所は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。

    個人情報保護に関するお問い合わせ

    当事務所の本プライバシーポリシー(個人情報保護指針)に関するお問い合わせ、連絡、意見などは下記までご連絡ください。

    長岡行政書士事務所 代表 長岡真也
    233-0003
    横浜市港南区港南5-1-32港南山仲ビル202
    電話 045-844-5616



    ページトップへ戻る