遺言で配偶者に遺す内容で作成した後に離婚した場合はどうなるか?行政書士が解説!

大切な配偶者に財産を遺す場合に遺言書を書くことはよくある話です。そんな遺言書を作成した後に離婚した場合はどうなるのでしょうか? 離婚をした後に遺言書を書き直さずに死亡することはあり得ることでしょう。 今回はこの配偶者に遺…

続きを読む

委託しますと書かれた遺言書の効力はどうなる?行政書士が概要を解説!【続・三匹のこぶた】

  遺言書を書いて特定の人に財産を渡したい、そんなことはよくあると思います。しかし、遺言書で財産を渡す時は曖昧な言い方をすると効力が生じないこともあります。 そんな中、遺言書で「委託します」というような曖昧な言…

続きを読む

「未分割の不動産」は遺言書で解決できる?未分割財産の相続について行政書士が解説!

  遺言書でご自宅の不動産を子供に相続させることはよくあります。 では、もし不動産がの権利がまだ確定していない状態(遺産共有状態)の不動産の場合は遺言書に書けるのでしょうか?それとも遺言書には書けないのでしょう…

続きを読む

配偶者に「相続させる」と遺言した後に離婚した場合の遺言書の効力とは?

  「遺言を書いた後配偶者と離婚したのですが、既に書いた遺言は有効のままなのでしょうか」 「遺言を無効にすることなどできるのですか」 「離婚などで状況が変わったのに遺言を放っておくとどんな影響があるの」 &nb…

続きを読む

自筆証書遺言が無効になったときに死因贈与契約で有効になることがある?

  よく映画などで観る「遺言書」。一番代表的な遺言書といえばまさに自分で書く種類の「自筆証書遺言」。手軽に書きやすい遺言書であると同時に、デメリットは形式に不備が起こりやすく無効になることもあること。せっかく遺…

続きを読む

遺言書で受遺者に財産を渡す際の書き方について行政書士が解説!

  よくドラマやテレビなどで観る「遺言書」。この遺言書の内容についても色々と書き方があります。例えば、相続人に財産を渡す時に使う「相続させる」や相続人以外の受遺者に渡す「遺贈する」などがあります。今回はこの受遺…

続きを読む

同性カップルの将来における対策すべきことを行政書士が紹介!

  相続では同性パートナーに法律上の保障はない LGBTという言葉がだいぶ浸透してきた近年ですが、現在、日本では同性婚が認められていません。つまり、同性カップルはどんなに長く一緒にいても法律上は他人扱いになって…

続きを読む

遺言書で指定の遺言執行者には報酬が発生するの?書いていない場合も含め解説!

  遺言執行者とは「遺言内容の実現のため、相続財産の管理その他遺言の執行に必要な一切の行為をする権利義務」がある人のことです。 つまり、故人に代わって遺言の内容を実現させるのが遺言執行者であり、指定することによ…

続きを読む

遺言で相続人を廃除できる?書き方や手続きを行政書士が解説!

特定の相続人へ財産を渡したくない、ということもあるのではないでしょうか。 「この人は私のことを罵倒してきた」 「この人にだけは遺産を残したくない…」 「この人の相続権を無くせないかしら」 もしそんな人が身近にいたとしたら…

続きを読む

長岡行政書士事務所の年末年始のご案内

皆様、こんにちは。 長岡行政書士事務所の長岡です。 寒い日が続いておりますが、お変わりなくお過ごしでしょうか。 本年も様々なご縁をいただき、相続や遺言でお困りの皆様と一緒に汗をかき、 事務所としても新しいことに挑戦し、本…

続きを読む

遺言に関するお問い合わせ

初回相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。

ご相談はご来所のほか、Zoom等のオンラインでの相談も承っております。

お電話でのお問い合わせ

「遺言のホームページを見た」とお伝えください。

受付時間:平日9:00-21:00(土日祝予約制)
メールでのお問い合わせ

    初回相談は無料です。お気軽にご相談ください。ホームページからのご相談は24時間受け付けております。

    お問い合わせ種別必須

    プライバシーポリシー

    長岡行政書士事務所(以下「当事務所」といいます)が運営する「横浜で遺言の遺言を専門家が支援」(以下「当サイト」といいます)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。なお、本プライバシーポリシーにご同意いただける場合にのみ当サイトをご利用くださるようお願いいたします。ご利用された方は、本プライバシーポリシーの条件にご同意いただいたものとして取り扱いさせていただきます。

    個人情報の管理

    当事務所は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・従業員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。

    個人情報の利用目的

    お客さまからお預かりした個人情報は、当事務所からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として電子メールや資料のご送付に利用いたします。利用目的は主に以下に定めるものに限ります。

    • 行政書士法に定められた業務及びそれに付帯する業務を行うため

    • 当サイトを通じたサービスの提供

    • 当サイトの品質向上とそれに基づくお客様の声の実施

    • その他、当事務所の業務の適切かつ円滑な遂行

    個人情報の第三者への開示・提供の禁止

    当事務所は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。

    1. お客さまの同意がある場合

    2. お客さまが希望されるサービスを行なうために当事務所業務を委託する業者に対して開示する場合

    3. 法令に基づき開示することが必要である場合

    個人情報の安全対策

    当事務所は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。また、当事務所は個人情報の取扱いに関し、従業員全員に対し適切な監督をします。

    ご本人の照会

    お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。

    法令、規範の遵守と見直し

    当事務所は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。

    個人情報保護に関するお問い合わせ

    当事務所の本プライバシーポリシー(個人情報保護指針)に関するお問い合わせ、連絡、意見などは下記までご連絡ください。

    長岡行政書士事務所 代表 長岡真也
    233-0003
    横浜市港南区港南5-1-32港南山仲ビル202
    電話 045-844-5616



    ページトップへ戻る