同時に相続人が死亡したらどうなる?「同時死亡の推定」や遺言書との関係を行政書士が解説!

記事更新日:

同時に相続人が死亡した場合はどうなる?遺言書との関係も含めて行政書士が解説!

相続人が同時に死亡したような時、一体だれが相続人なのでしょうか。

色々と調べてみても「難しくて理解できない、、」という方も多いかもしれません。

この記事では、相続人が同時に死亡した時の相続関係について、「3匹のこぶた物語」風に解説します。相続人が同時に死亡した場合の相続関係について分かりやすく知りたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

遺言のご相談
LINE導線
お問い合わせフォーム
受付時間:平日9:00-21:00 (土日祝予約制)

資料請求

なぜ相続人が同時に死亡したと「推測」するのか?

むかしむかし、あるところに三匹のこぶたがいました。

一番上の兄ぶたは石の家、弟ぶたは木の家、末っ子ぶたはワラの家を作って育ちました。

三匹のこぶたたちは、やがて大きくなってそれぞれ巣立っていくのですが、それはもっと後のお話。

こぶたたちがまだそれぞれの家で暮らしていたある日、なんと大きな地震に見舞われてしまったのです。

ぐらぐらぐら…!

「うわあ、大きいよ、お兄ちゃん!」
「みんな大丈夫かい?」
「母ちゃん、みんな無事だよ」

幸い、地震はすぐに収まりましたが、村中が大騒ぎになっていました。

「またいつ地震がくるかもわからねえから、避難してきたべ」

隣村に住む、赤ずきんちゃんと漁師さんも、こぶたたちの村にやってきていたのでした。

赤ずきん「みんな無事でよかったわ」

母ぶた「赤ずきんちゃんもね。うちの子たちもケガもなくて何よりだったわ」

兄ぶた「うちの村は大丈夫っぽいけど、大きな地震でぼくたちに何かあったらと思うと、母さんのことが心配でね」

弟ぶた「うん、兄弟みんないなくなってしまったら、残された母さんが大変だ」

母ぶた「お前たち…」

漁師「うっうっ…感動する親子愛ずら」

赤ずきん「漁師さんったら、涙もろいんだから」

母ぶた「でも、通帳を抱えて逃げ出そうとしていてふと思ったのよね。うちには大きな財産はないけど、この子たちにもし万が一のことがあったら、私の死後、家や財産はどうなるんだろう…って」

末っ子ぶた「そうだね、誰がどうしてくれるんだろう? 赤ずきんちゃんは、行政書士の試験を受けるために、先生のもとで勉強してるんでしょ? 何か知ってる?」

赤ずきん「そういえば、ちょうどこの前、先生がそんな相談を受けていたわ。交通事故や災害などで同時に相続人が死亡した場合、どのような順番でやるのかとか」

兄ぶた「それとっても大事そうな話だね?」

赤ずきん「うん、せっかくの機会だから、少し話しておこうか」

赤ずきん「実は、同時に亡くなったことを証明するって、すっごく難しいの。例えば、AさんとBさんが馬車に乗っていて、ガケから落ちてしまったとするでしょ? Aさんは即死だったけど、Bさんはしばらく生きていたかもしれない」

弟ぶた「確かにそうだね」

死亡の順番により相続額が大きく変わる

赤ずきん「でも相続だと、この死亡時刻が大きな意味を持ってくるのね。つまり死亡の順番によって、相続額が変わってきてしまうのよ」

末っ子ぶた「順番…うーん、よくわかんないや」

赤ずきん「例えば、パパ、ママ、息子の3人家族を想像してみて。パパの両親は存命、ママの両親はどちらも他界、息子はまだ独身という設定ね」

兄ぶた「うん」

赤ずきん「不幸にも、パパと息子が交通事故に遭ってしまった…。助けが駆け付けたとき、パパは即死、息子は病院に運ばれてから30分後に死亡した…。多少の時間差があるよね?」

弟ぶた「あるね、確かに」

赤ずきん「この場合、パパが死亡した時点で遺産は母と子に半分ずつ相続されるわけでしょ。そのあと、30分後に息子が死亡したことで、パパから息子が相続した半分がママに相続されるの。つまり30分間の間に、全額ママが相続する流れになっちゃうの」

兄ぶた「なるほどね、じゃ逆に息子が即死していて、パパが30分後に死亡した場合は?」

赤ずきん「子が既に亡くなっているので子に相続は発生せず、母が3分の2、父の両親が3分の1の遺産を相続するのよ」

母ぶた「相続内容が全然変わってくるのね…」

相続人死亡の先後の判断が難しい場合は「同時死亡の推定」

末っ子ぶた「でもさ、さっきみたいな地震のときはどうなの? たくさんの人が混乱しているから、精確な時間はわからないよね?」

赤ずきん「いい質問ね。相続人死亡の先後の判断が難しい場合に対応するための条文が、民法には存在するの。つまり、相続人の死亡の先後が不明な場合であっても同時に死亡したものと推定して、相続手続きを先に進めることができるのよ」

合わせて読みたい:新人補助者ひまりの事件簿② 法定相続人の範囲~配偶者と両親編~ 

人が同時に死亡する状況としては、次のような例が挙げられます。

  • 交通事故
  • 自然災害など天変地異

このようなケースでは死亡の先後の立証が難しいにも関わらず、先ほど紹介したとおり死亡の順番により相続額は変わってしまいます。

そこで民法では数人の者が死亡した場合、一人が他者の死亡後も生存していたことが明らかではない時は、これらの方々が同時に死亡したものと推定するという期待があるのです。

相続手続きは、同時に死亡したと推定して進められます。

遺言書がある場合の同時死亡の推定

兄ぶた「もしもだけど、同時死亡の推定がなされるとき、当事者が遺言書を残していたらどうなるの?」

赤ずきん「じゃ、さっきの交通事故の例で説明するね。」

遺言書がある場合も死亡の順番により相続額は変わる

赤ずきん「もしパパが「全財産を妻に相続させる」という遺言を遺していた場合は、今回ママは無事なので、遺言による財産配分は変わらないの」

弟ぶた「もし子に相続させると書いてあったら?」

赤ずきん「息子も同時に死亡してしまっているので遺産を渡す相手が存在しないことになるわね。ということは、遺言が存在しないのと同じ扱いになるってわけ。つまり、法定相続分に則り、母が3分の2、父の両親が3分の1の相続ね」

末っ子ぶた「でも、実際に遺言書にはもっとたくさんのことが書かれているものだよね? だったら、すっごく複雑になっちゃうよね」

「同時死亡の推定」となる場合は遺産分割協議になる

末っ子ぶた「でも、実際に遺言書にはもっとたくさんのことが書かれているものだよね? だったら、すっごく複雑になっちゃうよね」

赤ずきん「そうね。遺言が存在しないのと同じ扱いになる場合は、遺産分割協議で分割割合を決める話し合いをしなくてはいけなくなるわね」

合わせて読みたい:遺産分割協議とは?流れとポイントを行政書士が解説

遺産分割協議とは?流れとポイントを行政書士が解説

仮に遺言書を残していたとしても、同時死亡の推定によって相続手続きを進めるケースも存在します。

同時死亡の推定と予備的遺言

母ぶた「せっかく遺言書を書くのだから、どんな時でも有効にできる書き方はないのかしら?」

赤ずきん「そういう書き方もできるの」

赤ずきん「予備的条項といって、万が一に備えた書き方があるの。こんなふうに」

合わせて読みたい:相続人が先に亡くなった場合どうなるの?予備的遺言について解説!

1.私、Aが有する現金や預貯金、不動産及びその他一切の財産を妻Bに相続させる。
2.妻Bが私Aの死亡より以前に死亡した場合(私と同時に死亡した場合も含む)は、私が有する現金や預貯金、不動産及びその他一切の財産を妻の妹であるC(神奈川県横浜市○○区○○町 昭和○○年〇月〇日生)に包括遺贈する。
3.この遺言の執行者として次の者を指定する

住所 神奈川県横浜市△△区△
行政書士 赤ずきん

兄ぶた「なるほど、元々相続させる予定の人間が、自分より先もしくは同時に死亡した場合はどうするかまでを遺言の中に書いておけばいいのか」

母ぶた「遺言執行者まで指定しておくと、より安心ね」

赤ずきん「そうね。できるだけ普段からやりとりのある法律の専門家に相談しておくといいと思うわ」

弟ぶた「専門家は、クールな印象があるから、動じなさそうだよね」

赤ずきん「ちなみに、同時死亡の推定を踏まえた遺言を書く時は、絶対に夫婦や家族の連名の遺言にはしないこと。連名の遺言書は無効になっちゃうからね」

母ぶた「災い転じて、知識となすって感じね。赤ずきんちゃん、漁師さん、ありがとう!」

関連記事:同時に相続人が死亡した場合は相続にどう影響するの? 遺言書との関係も解説!

同時死亡の「推定」は覆る可能性もある

ここまで同時死亡の「推定」について紹介してきました。この同時死亡の「推定」は覆る可能性もあります。

法律上、「推定」と「みなす」は別々の意味です。

「みなす」とは事実に関わらず、その事実があったものとすることです。たとえば相続において、「胎児は、相続については、既に生まれたものとみなす。」という条文があります。つまり、相続においては「お腹の中にいるという事実」に関わらず、「赤ちゃんは生まれている一人の人間」とみなして考えるということです。

一方、推定とはあくまでも推定ですから、事実によって反証することができます。違う時間に死亡したこと(異時死亡)を証明しさえすれば、同時死亡の推定の効果は失われることは覚えておきましょう。

仮に 異時死亡が証明されると、同時死亡の推定によって相続財産を得た方(受益者)は不当利得となりますから、正しい相続分に従って返還しなければなりません。

遺言書作成時は同時死亡の推定を踏まえて予備的条項を作ることが大事

この記事で紹介したとおり、交通事故などの事情でご家族複数人がほぼ同時に死亡してしまう可能性もゼロではありません

このようなケースでは同時死亡の推定によって相続手続きを進めることになりますが、遺言書の内容によっては意図通りに相続させられないケースもあります。

そのため遺言書作成時は、同時死亡の推定を踏まえて予備的条項を作ることが必要なのです。

ただしここまでご覧いただいたとおり、想定しうる事態は複雑で、どのような法律的表現であれば意図通りの遺言書になるか分からない方も多いのではないでしょうか。

どのような状況にも備えられる遺言書を作成したい方は、ぜひ横浜市の長岡行政書士事務所へご相談ください。相続・遺言書作成のエキスパートとして、お手伝いさせていただきます。

 
行政書士 長岡 真也
この記事の執筆・監修者:長岡 真也(行政書士)
神奈川県行政書士会所属(第12091446号)
遺言に関するお問い合わせ

初回相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。

ご相談はご来所のほか、Zoom等のオンラインでの相談も承っております。

お電話でのお問い合わせ

「遺言のホームページを見た」とお伝えください。

受付時間:平日9:00-21:00(土日祝予約制)
メールでのお問い合わせ

    初回相談は無料です。お気軽にご相談ください。

    お問い合わせ種別必須

    プライバシーポリシー

    長岡行政書士事務所(以下「当事務所」といいます)が運営する「横浜で遺言の遺言を専門家が支援」(以下「当サイト」といいます)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。なお、本プライバシーポリシーにご同意いただける場合にのみ当サイトをご利用くださるようお願いいたします。ご利用された方は、本プライバシーポリシーの条件にご同意いただいたものとして取り扱いさせていただきます。

    個人情報の管理

    当事務所は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・従業員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。

    個人情報の利用目的

    お客さまからお預かりした個人情報は、当事務所からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として電子メールや資料のご送付に利用いたします。利用目的は主に以下に定めるものに限ります。

    • 行政書士法に定められた業務及びそれに付帯する業務を行うため

    • 当サイトを通じたサービスの提供

    • 当サイトの品質向上とそれに基づくお客様の声の実施

    • その他、当事務所の業務の適切かつ円滑な遂行

    個人情報の第三者への開示・提供の禁止

    当事務所は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。

    1. お客さまの同意がある場合

    2. お客さまが希望されるサービスを行なうために当事務所業務を委託する業者に対して開示する場合

    3. 法令に基づき開示することが必要である場合

    個人情報の安全対策

    当事務所は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。また、当事務所は個人情報の取扱いに関し、従業員全員に対し適切な監督をします。

    ご本人の照会

    お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。

    法令、規範の遵守と見直し

    当事務所は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。

    個人情報保護に関するお問い合わせ

    当事務所の本プライバシーポリシー(個人情報保護指針)に関するお問い合わせ、連絡、意見などは下記までご連絡ください。

    長岡行政書士事務所 代表 長岡真也
    233-0003
    横浜市港南区港南5-1-32港南山仲ビル202
    電話 045-844-5616



    ページトップへ戻る