遺言書で相続人に対しても遺贈できる?相続との違いを行政書士が解説!

  「遺言書を作りたいが、遺贈と相続の違いを知りたい。」 「遺贈という方法を詳しく知りたい。家族にも遺贈はできるの?」 「遺贈と相続にはどのようなメリット・デメリットがある?」 遺言書について調べていると、「遺…

続きを読む

LGBTや同性カップルの遺言書の作り方とは?相互遺言について行政書士が解説

  LGBTや同性パートナーの方の相続問題、パートナーに何かあった時はもう一方のパートナーは相続できるでしょうか。一緒に生活を共にして、苦楽を共にして築き上げた財産です。今住んでいる家に住み続けられなかったらど…

続きを読む

LGBTや同性パートナーの将来の財産管理方法とは?相互に交わす任意後見制度を解説 

  LGBTや同性パートナーの方の将来の財産管理方法とはどのようなものがあるでしょうか。生活を共にしていても財産に関しては他人です。年を老いて一方のパートナーが自分で財産管理できなくなった場合、もう一方のパート…

続きを読む

公正証書遺言と自筆証書遺言に優劣はない!公正証書から自筆に変更する時の注意点を行政書士が解説

  よく遺言書は何度でも書き直せると聞くと思います。もちろんその通りなんですが、では、公正証書遺言から自筆証書遺言への変更は可能なのでしょうか?公正証書遺言と自筆証書遺言に優劣はあるのか、気にしている方が多いこ…

続きを読む

未成年の遺産分割協議はどうなるの?ポイントと対策を行政書士が解説!

  もし、若くして亡くなった父親がいて、相続人には未成年の子供がいたとしたら。未成年だと相続の問題はどうなるのでしょうか。そのまま相続はできるでしょうか。この記事では、未成年の相続にについて「物語風」に解説しま…

続きを読む

胎児あてに書いた遺言書の効力はどうなる?胎児の相続ポイントを行政書士が解説

  もし、余命宣告をされた父親、母親のお腹には新たな命が。まだ胎児の状態ですが、父親は産まれてくるまで持ちそうにありません。父親は自分の財産の行方を考え遺言書を作成することにしました。生きている者に対しては当然…

続きを読む

負担付き遺贈とは|負担の範囲や注意点を行政書士が解説!

  「遺贈には負担付き遺贈という方法があると聞いた。どのようなしくみか知りたい。」 「負担付き遺贈を検討しているが、どこまで負担させることができる?」 「遺言書で負担付き遺贈を書き遺したい。注意点はあるか。」 …

続きを読む

遺産相続における遺産の範囲とは?知っておきたい注意点も行政書士が紹介

  「父親の財産を相続することになったけど、遺産って何が含まれるの?」 「遺産相続では、借入金などマイナスの資産はどう扱う?」 「相続するべき財産と、しなくていい財産の範囲が知りたい。」 相続が開始されると、家…

続きを読む

名義預金とは何か?遺産相続時に影響はあるかを行政書士が解説!

  「親が遺してくれた自分名義の貯金があるけど、遺産相続に影響する?」 「名義預金とはそもそもどのような貯金のことを指すの?」 「親が名義預金を遺そうとしてくれているけど、問題はある?」 名義預金とは両親や祖父…

続きを読む

相続させないと記載された遺言書の効力とは?行政書士が注意点を解説!

  ご相談者様:80代男性 そろそろ遺言書の作成をしたいと思っています。 子供達で均等に遺産を分割してくれれば良いと思っていたので遺言書を作成するつもりはありませんでした。 しかしここ数年、次男が荒々しくなり、…

続きを読む

遺言に関するお問い合わせ

初回相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。

ご相談はご来所のほか、Zoom等のオンラインでの相談も承っております。

お電話でのお問い合わせ

「遺言のホームページを見た」とお伝えください。

受付時間:平日9:00-21:00(土日祝予約制)
メールでのお問い合わせ

    初回相談は無料です。お気軽にご相談ください。ホームページからのご相談は24時間受け付けております。

    お問い合わせ種別必須

    プライバシーポリシー

    長岡行政書士事務所(以下「当事務所」といいます)が運営する「横浜で遺言の遺言を専門家が支援」(以下「当サイト」といいます)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。なお、本プライバシーポリシーにご同意いただける場合にのみ当サイトをご利用くださるようお願いいたします。ご利用された方は、本プライバシーポリシーの条件にご同意いただいたものとして取り扱いさせていただきます。

    個人情報の管理

    当事務所は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・従業員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。

    個人情報の利用目的

    お客さまからお預かりした個人情報は、当事務所からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として電子メールや資料のご送付に利用いたします。利用目的は主に以下に定めるものに限ります。

    • 行政書士法に定められた業務及びそれに付帯する業務を行うため

    • 当サイトを通じたサービスの提供

    • 当サイトの品質向上とそれに基づくお客様の声の実施

    • その他、当事務所の業務の適切かつ円滑な遂行

    個人情報の第三者への開示・提供の禁止

    当事務所は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。

    1. お客さまの同意がある場合

    2. お客さまが希望されるサービスを行なうために当事務所業務を委託する業者に対して開示する場合

    3. 法令に基づき開示することが必要である場合

    個人情報の安全対策

    当事務所は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。また、当事務所は個人情報の取扱いに関し、従業員全員に対し適切な監督をします。

    ご本人の照会

    お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。

    法令、規範の遵守と見直し

    当事務所は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。

    個人情報保護に関するお問い合わせ

    当事務所の本プライバシーポリシー(個人情報保護指針)に関するお問い合わせ、連絡、意見などは下記までご連絡ください。

    長岡行政書士事務所 代表 長岡真也
    233-0003
    横浜市港南区港南5-1-32港南山仲ビル202
    電話 045-844-5616



    ページトップへ戻る