手が震えて字が書けなくても遺言書を作る方法|公正証書遺言と秘密証書遺言について解説

記事更新日:

おじいちゃんの手が震えて字が書けない!どうしたら遺言書を作れますか?

「本当に困ってます! うちのおじいちゃん、遺言書を書きたいと言うんですけど、高齢で思うように手や体を動かせなくて、ペンを握るのもままならないんです…。無理に書いても全然読めなくて…」

 

なるほど、それは問題ですね。遺言書を書きたくても書けない状態では、ご家族のみなさんもさることながら、ご本人が一番焦ってしまいますよね。

 

でも安心してください。自筆で遺言書を残す以外にも、方法はあるのです。

 

この記事を詳しく読みたい方はこちら:病気等で署名ができない場合の遺言書作成はできるのか?

 

いまご相談者のあなたが考えている「自分で手を動かして遺言を書く」のは、自筆証書遺言というものです。

 

  • 遺言を残したい本人の手で書くこと
  • すべての内容を本人が明確に書ききること(お手伝いで加筆するのはNG)
  • 本人が署名・押印すること

 

自筆証書遺言には、こうした「自筆」という条件があります。自筆ですから、パソコンやスマホで書くのも認められません。

 

「まあ、うちのおじいちゃんはパソコンやスマホ、まったく使えませんけど。だから、自分がしゃべる内容を、家族に記録してほしいって言うんです…」

 

はい、そこで今回ご紹介したいのが、秘密証書遺言、もしくは公正証書遺言なんです。

 

この両者の違いは、大前提として「自分で名前が書けるかどうか」がポイントになります。

遺言のご相談
LINE導線
お問い合わせフォーム
受付時間:平日9:00-21:00 (土日祝予約制)

資料請求

秘密証書遺言と公正証書遺言のどちらを選択するべきか

「自分で名前が書けるかどうか」によって、秘密証書遺言と公正証書遺言のどちらを選択するべきか変わります。おじい様は、どうですか?

 

「どうでしょう? そこまでは確認できてなかったです」

 

では、まず自分で名前が書けるか確認をしてみてください。もし名前が書けたら、秘密証書遺言か公正証書遺言の作成が可能です。

 

秘密証書遺言は最終的におじい様が署名・押印をして、それ以外の本文は代筆をすることもできますし、パソコンで作成することも認められているんです。

 

「ということは、それをお役所(公証役場)に持っていけば、遺言として認められるわけですか?」

 

そうなります。

秘密証書遺言で注意すべきポイント

ただし、秘密証書遺言の場合、封筒などに入れてきちんと封をして、押印に使ったものと同じ印鑑で封印しなくてはいけません。クリアファイルとかではダメですよ。

 

まずは秘密証書遺言の説明をしていきますね。

 

本文をパソコンで作成し署名押印した遺言書を公証役場に持って行き、公証人に「これは秘密証書遺言である」と証明してもらえば、遺言として効力を持つようになるんです。

 

「それならうちの家族で協力すれば作れそうですね」

 

ただ、秘密証書遺言にはいくつか気を付けてほしいことがあります。ポイントをメモにまとめてみました。

 

  • 公証人が証明するのは、「秘密証書遺言として存在している」という点のみで、中身(内容)までは証明していない
  • 遺言書が要件を満たしていなかったり、意図不明な内容があったりすると無効になる
  • 公証役場に支払う手数料がかかり、2名の証人が必要となる
  • 自分で遺言書を保管しなくてはいけないので、紛失リスクがある

以上のことから、良い面もある反面、実務では秘密証書遺言をあまり活用されていないのが実情です。

公正証書遺言で注意すべきポイント

では、次に私たちもよく携わる公正証書遺言について見ていきたいと思います。

 

「なるほど…もしも、おじいちゃんが自分で名前を書けなかったら、どうしたらいいんですか?」

 

そのときは、公正証書遺言がいいでしょう。簡単に言うと、遺言書の作成を家族ではなく、公証人にお願いするという方法です。遺言のプロに、外部発注すると考えればいいでしょう。

 

アウトソーシング(外注)ですから、どうしても手数料がかかってしまいますが、公証人が法律の様式に従って作成するので、作成遺言の形式や要件を間違える心配はありません。原本は公証役場で保管してくれますから、紛失の心配もないんです。

 

「その場合も自筆の署名は必要なんですよね…?」

 

そこが、大きなポイントなんです。原則としては、その遺言書が本人の意思によって作成されたことがわからないといけませんから、公正証書遺言も本人の署名が必要とされています。

 

でも、その場合においても「きれいに書けなくても判読できる程度であればよい」「まったく書けなければ署名せずともよい」とされています。

 

  • 判読できる程度:戸籍上は複雑な漢字であるときなどでも、普段から使っている簡単な文字、またはかな字でもよい
  • 署名せずともよい:遺言者が字を書くことができないことを、公証人が公正証書に記載すれば署名に代えることができる

 

また、公正証書遺言は末尾に本人が署名することが原則ですが、絶対に署名が必要というわけではありません。

 

おじい様の手が震えるなどで署名ができない場合は、この署名の代わりにその旨を遺言書に記載するとともに、「病気のため手が震える」などとその理由も付記し、公証人の職印を押すことにより、遺言者の署名に代えることができると法律で認められているんですよ。

 

したがって、手が震えてまったく署名ができない場合でも、公正証書遺言は作成できるんです。

遺言書の署名の可否を自分たちで判断できない場合は専門家に相談

ちなみに、署名ができる場合とできない場合の判断は、手が不自由で動かせず書くことができないなど、「誰がどう見ても無理です」という場合は「できない」と見なされます。

 

ですので、もし署名ができる場合は、やはり自分で著名したほうがいいでしょう。ここを曖昧にして作成してしまうと、遺言書の有効性が疑われることになります。中には裁判にまでなったケースもありますから、気を付けたいですね。

 

「うわあ…そんな風にはなりたくないですね。あの、我が家にとって、どういう方法が一番いいか、行政書士のお立場から、アドバイスをいただけませんか?」

 

はい、もちろん喜んでご協力させていただきます。安心してくださいね。

遺言書のことでお困りのかたは長岡行政書士事務所にお任せください。

 
行政書士 長岡 真也
この記事の執筆・監修者:長岡 真也(行政書士)
神奈川県行政書士会所属(第12091446号)
遺言に関するお問い合わせ

初回相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。

ご相談はご来所のほか、Zoom等のオンラインでの相談も承っております。

お電話でのお問い合わせ

「遺言のホームページを見た」とお伝えください。

受付時間:平日9:00-21:00(土日祝予約制)
メールでのお問い合わせ

    初回相談は無料です。お気軽にご相談ください。

    お問い合わせ種別必須

    プライバシーポリシー

    長岡行政書士事務所(以下「当事務所」といいます)が運営する「横浜で遺言の遺言を専門家が支援」(以下「当サイト」といいます)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。なお、本プライバシーポリシーにご同意いただける場合にのみ当サイトをご利用くださるようお願いいたします。ご利用された方は、本プライバシーポリシーの条件にご同意いただいたものとして取り扱いさせていただきます。

    個人情報の管理

    当事務所は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・従業員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。

    個人情報の利用目的

    お客さまからお預かりした個人情報は、当事務所からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として電子メールや資料のご送付に利用いたします。利用目的は主に以下に定めるものに限ります。

    • 行政書士法に定められた業務及びそれに付帯する業務を行うため

    • 当サイトを通じたサービスの提供

    • 当サイトの品質向上とそれに基づくお客様の声の実施

    • その他、当事務所の業務の適切かつ円滑な遂行

    個人情報の第三者への開示・提供の禁止

    当事務所は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。

    1. お客さまの同意がある場合

    2. お客さまが希望されるサービスを行なうために当事務所業務を委託する業者に対して開示する場合

    3. 法令に基づき開示することが必要である場合

    個人情報の安全対策

    当事務所は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。また、当事務所は個人情報の取扱いに関し、従業員全員に対し適切な監督をします。

    ご本人の照会

    お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。

    法令、規範の遵守と見直し

    当事務所は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。

    個人情報保護に関するお問い合わせ

    当事務所の本プライバシーポリシー(個人情報保護指針)に関するお問い合わせ、連絡、意見などは下記までご連絡ください。

    長岡行政書士事務所 代表 長岡真也
    233-0003
    横浜市港南区港南5-1-32港南山仲ビル202
    電話 045-844-5616



    ページトップへ戻る